HOME > CGI > おされさん > メイン画面(ログ表示部)リファレンス

メイン画面(ログ表示部)リファレンス

■$main_htmlの「ログ表示部」作り方


「ログ表示部」とは、投稿された記事が繰り返し表示される部分の事です。
$mail_htmlの中に定義された【2個目の<!--cut-->〜3個目の<!--cut-->の間】の定義となります。

▼基本記述例

<table width="30%" border="0" align="center" cellpadding="5" cellspacing="0">
<tr>
<td bgcolor="#CC3300"><font color="#000000">名前:<b>#mail#name</B></font></td>
</tr>
<tr>
<td bgcolor="#CC6600"><font color="#000000">#comment</font></td>
</tr>
<tr>
<td bgcolor="#CC9900">
<div align="right">No.#no&nbsp;[#date<!--mm/dd(w2) h:nn-->]#del</div></td>
</tr>
</table>

基本的にログに保存された値を表示したい場所に、
半角の"#"+【入力フォームで名付けたコントロール名】を記述する事によって
値が表示されます。

ここでいう「コントロール名」とはオプションを除いた名前です。

例: f_name_YY→f_name、f_comment_NNNNY→f_comment

メールアドレスにリンク ※文字でリンク
記述 #mail
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_mailaddress_NNY」 であれば、ここは#mailaddressとなります。
動作 クリックするとメーラーが起動されます
説明 <a href="mailto:メールアドレス>メールアドレス</a>となります。
例:tackysrm@lily.freemail.ne.jp

メールアドレスにリンク ※他の項目にリンク 
記述 #mail#name
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_mailaddress_NNY」 であれば、ここは#mailaddressとなります。
動作 「名前」にリンクが張られます。
説明 <a href="mailto:メールアドレス>名前</a>となります。
例:Tacky

メールアドレスにリンク ※画像でリンク 
記述 #mail<img src=画像ファイル border=0 〜>
※必ず1行で記述して下さい!!!!
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_mailaddress_NNY」 であれば、ここは#mailaddressとなります。
動作 「画像」にリンクが張られます
説明 <a href="mailto:メールアドレス><img src=画像 〜></a>となります。
例:

URLにリンク ※文字でリンク 
記述 #url
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_homepage_NNY」 であれば、ここは#homepageとなります。
動作 表示されているウィンドウで指定されたページを開く
説明 <a href="#urlで指定されたURL">#urlで指定されたURL</a>となり、
こうなります→http://tackysroom.com/

ターゲットを指定してURLにリンクしたい場合
記述 #url<!--ターゲット-->
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_homepage_NNY」 であれば、ここは#homepageとなります。
動作 ターゲットで指定されたウィンドウでページを開く
説明 #url<!--blank-->

<a href="#urlで指定されたURL" target=_blank>#urlで指定されたURL</a>となります
例:http://tackysroom.com/

URLにリンク ※画像でリンク 
記述 #url<img src="画像ファイル" border=0 〜>
又は、
#url<!--ターゲット--><img src="画像ファイル" border=0 〜>
※必ず1行で記述して下さい!!!!
↑これは入力フォーム上「f_mail_NNNY」と記述された項目であるという事であり、
「f_homepage_NNY」 であれば、ここは#homepageとなります。
動作 画像をクリックすると、表示されているウィンドウ又は
ターゲットで指定されたウィンドウでページを開く
説明 #url<!--blank--><img src="画像ファイル" border=0 〜>

<a href="#urlで指定されたURL" target=_blank>#urlで指定されたURL</a>となります
例:

アイコン等の画像を表示する場合
記述 #icon<!--i-->
動作 入力フォームで選択された画像を表示する
説明 #icon<!--i-->
又は、画像サイズが一定で決まっている場合は
#icon<!--i100-200-align=left-->
や、

#icon<!--i100-200-->

例:

記事Noを表示
記述 #no
動作 記事番号を表示します
説明 #no

例: No.[1]と表示したいなら→ No.[#no]

投稿日付・時間を表示
記述

#date<!--日付・時間表示形式--> 【日付・時間表示形式は以下の通り】
年(西暦4桁) yyyy
年(西暦2桁) yy
月(1〜9月の場合に頭に0を付ける) mm
月(1〜9月の場合に頭に0を付けない) m
日(1〜9日の場合に頭に0を付ける) dd
日(1〜9日の場合に頭に0を付けない) d
曜日(Sun,Mon,Thu,Wed,Thu,Fri,Sat) w1
曜日(日,月,火,水,木,金,土) w2
(0〜9時の場合に頭に0を付ける) hh
(0〜9時の場合に頭に0を付けない) h
(0〜9分の場合に頭に0を付ける) nn
(0〜9分の場合に頭に0を付けない) n
(0〜9秒の場合に頭に0を付ける) ss
(0〜9秒の場合に頭に0を付けない) s

動作 投稿された日付や時間を表示します
説明

▼「2004年06月05日」と日付だけ表示 (月/日の頭に0を付ける)
#date<!--yyyy年mm月dd日-->

▼「04/6/5」と日付だけ表示 (月/日の頭に0を付けない)
#date<!--yy/m/d--> ※年は頭の0は非表示に出来ません

▼「04/06/05(Mon)」と日付+曜日を表示
#date<!--yy/mm/dd [w1]--> 

▼「04/06/05[月]」と日付+曜日を表示
#date<!--yy/mm/dd [w2]--> 

▼「04年06/5にち...【月】 6:23分08びょー」と日付+曜日+時間を表示
#date<!--yy年mm/dにち...【w2】 h:nn分ssびょー


記事削除用のチェックボックスを付ける
記述 #del
動作 削除用のチェックボックスが表示されます
説明 例: #del削除 → 削除
※レス有りの場合は、親記事とレス記事部分の2個設定して下さい。

アップロードしたファイルを表示
記述 #fileupload<!--縦Pixel-横Pixel-表示位置-ウインドウターゲット-->
動作 アップロードされたファイルを表示します。
説明 ▼#fileupload<!--100-200-align=left-->
縦100×横200・左揃えで表示
※縦100×横200以上の画像は指定したサイズに 縮小表示されます
▼#fileupload<!--0-0-->
元画像サイズのままで通常表示
▼#fileupload<!--100-200-align=left-target=_blank-->
縦100×横200・左揃えで表示+別窓で表示

IP又はホストを表示
記述 #ip
動作 IP又はホストを表示します
説明 例: #ip → xxx.xxx.xxx.xxx

レス入力フォームを表示する為のリンクを張る
記述 $mail_htmlのログ表示部の記述範囲中($main_htmlの中に記述した"2個目"の<!--cut-->から"3個目"の<!--cut-->のお好きな位置に、
<!--reslink-->と記述
動作 レス入力フォームを表示します。
説明 同記述をするかしないかで「レス有り掲示板」、「レス無し掲示板」となります。
▼<!--reslink-->返信
文字でリンク 返信
▼<!--reslink--><img src="画面ファイル" border=0 〜>

画像でリンク 

レス表示部の定義
記述 <!--resstart-->
レス表示部のHTMLコード記述
<!--resend-->
動作 <!--resstart-->と<!--resend-->で囲まれた部分がレス記事表示部となります
説明
<!--親記事表示部のHTMLコード記述-->
<!--reslink-->返信<br>
親記事を投稿した人:#name
<!--resstart-->
レス記事を投稿した人:#name
<!--resend-->

メールフォームを作る場合等で、ログを表示しない場合 ※ログは記録されます。表示はしません
記述

$mail_htmlのログ表示部の記述範囲中($main_htmlの中に記述した
"2個目"の<!--cut-->から"3個目"の<!--cut-->の間を
空にするだけです。

動作 ログを表示しません。
説明 <!--cut-->
<!--cut-->

特定の項目が省略されて投稿された場合、表示時も非表示にしたい
記述 非表示にしたい範囲を、 <!--項目名-->で囲みます。
動作 ▼こんなフォームがあったとします。


▼何も指定しなかったら ↓ こうなります。


▼<!--項目名-->を指定したら ↓ こうなります。詰まるんです、はい。それだけです。
説明 : "yy04"という項目(フォーム上はf_yy04です)が省略された場合は、その
行を非表示にする。

<!--yy04-->
<tr bgcolor="#FFFFFF">
<td nowrap>#yy04</td>
<td align=right><div align="center">#mm04</div></td>
<td>#keireki04</td>
</tr>
<!--yy04-->

前へ 次へ

 

このページのTOPへ