HOME > iPad > iPadの初期設定



iPadの初期設定
  1. iPadとPCをUSBケーブルで接続します。
  2. iTunesを起動します。※iTunesがインストールされていない方はこちらからダウンロードして下さい。
    ※ここから先は画面ハードコピーを取り忘れたりしているので順番通りじゃないかも・・・(^^;
    でもだいたいは合っているはずです。 だいたい。
  3. iTunes上でiPadが認識されました。初期設定が必要のようです。


  4. iPadを使うには「Apple ID」の登録が必須となります。
    ボクは以前からID登録しているので《既存のApple IDを使用してiPadを登録する》を選択しましたが、
    初めての方は《Apple IDを持っていない》の方を選択するのだと思います。


  5. 色々個人情報を聞かれますが、まぁ仕方がないですね。

  6. iTunesアカウント登録作業が終わったら、iPadが完全に使える状態になっているはずです。

    iTunesの左側にある「デバイス」より《iPad 》の所をクリックしてください。

    iTunesは『iPodやiPadと自動で同期をとる』という設定が出来ます。
    但し、ボクの場合は既にiTunesの中に100GB以上の音楽やビデオが登録されています。
    これを「同期する」としてもボクのiPadは32GBしかありませんので同期出来るわけがありません。
    ですので、見にくいですが下記画像の下の方にある『音楽とビデオを手動で管理』にチェックを付けました。
    こうすることによって、自分の好きな音楽やビデオだけをiPadへコピーする事が出来ます。


  7. 他にボクがこの段階でやった事。

    Appを同期』。

    iPadで使えるアプリケーションはiTunesの「iTunes Store」からダウンロードします。
    ※詳しくはまた別途説明します。

    ボクの場合、iPadが届くまで待ち遠しくて待ち遠しくてiPadが届く前からiTunes Storeから
    『無料アプリ』だけをひたすらダウンロードしまくっていました。

    PC側に登録されているアプリは下記画像を見てわかるように「App」欄に登録されています。



    そこでようやくiPadが届いたので、ダウンロードしたアプリをiPadへ登録。
    「アプリ」についても手動同期と自動同期は出来ますが、「アプリ」は同期でもいいかなと
    思いましたので、下記画像にあるように『Appを同期』にチェックを付けました。
    また、 この時《このアプリは今回登録したくないなぁ・・・》という場合は、下記図のアプリ名の左にチェックボックスが
    あり、そこをチェックしなければ自動同期対象外となります。



    次に、『音楽をコピー』。

    iTunesに音楽が既に入っていて「iPadでも聴きたい」という方が対象となります。
    また、前述していますがボクの場合は「音楽は手動同期」としているので下記のような作業をしています。

    音楽やビデオのコピーは簡単です。
    iTunesのライブラリに入っている中から好きなものをiPadへドラッグするだけです。


  8. アプリや音楽、ビデオ等をiPadへ登録したら勝手にそれらを「同期」してくれると思いますが、
    不安な方は自分で再度同期してみましょう。

    ↓通常は音楽ファイル等をコピーしたら下記画像の赤丸部分のように「同期してますよー」という表示になります。


    ↓でも不安な方は、 iTunesの「デバイス」から自分のiPadを選択し、右下にある《同期》を押下して下さい。

  9. 《同期》が完了したら(下記画像の赤丸が消えたら)、PCからiPadを取り外しましょう。



    ここで注意ですが『PCからiPadを取り外す』とは、USBケーブルをいきなり外すのではありません。

    iTunesの「デバイス」から自分のiPad欄の右に下記画像の赤丸のように「取り出しマーク」があります。
    そこを押下することで正しく取り外されることとなります。



これで初期設定は終わりです。

 

←iPadがやってきた    iPadのWi-Fi設定




このページのTOPへ