HOME > iPad > iPad オススメアプリ-Mental Note for iPad

 

■Mental Note for iPad (2010/8/8現在 350円)

今日(2010/8/8)現在、メモ系アプリで一番使いそうな予感。
気軽さで言ったら「Adobe Ideas 1.0 for iPad」 ですが、
Mental Noteは気軽さの他に実用的なんですよ。
『フォルダ管理』 は出来ませんが、【タグ】を用いる事によってフォルダ分けのように
メモを管理する事が出来ますので使い勝手は本当にいいんです。

では、説明致します。

▼初期画面です。左上の「Notes」をタップすると《メモ一覧》が表示されます。

▼メモ一覧。インストール時に登録されているマニュアル用メモしかありませんね。

▼《メモ一覧》の左上にある「タグ」アイコンをタップすると、登録されているタグが
「しおり」 のように表示されます。

▼では、メモの右上にある「+」をタップしましょう。
ここをタップすると『メモの新規作成』 となります。

▼はい、空のメモが表示されました。
画面最下部がメインメニューになります。

左から、

▼まずはキーボード入力。
【1行目がメモのタイトル】 になるようです。
入力が終わったら、キーボードの右下の「キーボードを閉じる」、又は
画面右上の「Done」を押下するとキーボード入力モードが終了します。

▼手書き入力。

線の太さは「0.5,1.0,2.0,3.0,4.0,5.0」と「マーカー用」の7種類。
線の色は黒、赤、黄、緑、青の5色のみ。

うーん、ちょっとここはもう少し細かい指定が出来たら良いんだけど、
まぁ「メモ」ですからね。

アンドゥ(やり直し)はメモリが許す限り限度が無いのかもです。
試しに↓の図のように緑の線を100本書いてアンドゥやってみたら
全部キレイに消えましたから。これはいいですね。

▼メモの拡大・縮小は出来ません。
これがちょっとなぁ・・・って感じにはなります。
文章の修正をする時に細かい指定がしにくい。ここは改善してもらいたいなぁ・・・

あと、キーボード入力した上に手書き入力、これはもちろんOKです。

▼メニューの「カメラ」アイコンより写真を貼ってみました。
写真は常に《中央に原寸表示》みたいです。移動や拡大・縮小が出来ません。
まぁ、《メモ》ですから(^^;

▼で、ここが気に入った!っていうのがあります!
他のメモ系アプリは【1つのメモが長くなる場合は"ページめくり"】が多いと
思うんですが、Mental Noteは【1つのメモが長くなる場合は"縦に長く"】 なんです。

下図の中央あたりに水平線がありますよね。これがページ区切りです。

長文になる時にいちいち「ページを増やす」って事が不要で、
ズラズラっと書けるのでこれはボク的にはとても気に入った仕様です。

では、メニューから「ノート」アイコンをタップして『環境設定』。

▼メニューの内容が変わりましたね。

▼『環境設定』メニューの一番左。
メモをメール送信したり、フォトアルバムに保存したり、Twritterへ投稿したり出来ます。

▼『環境設定』メニューの左から2番目。
タグの設定が出来ます。 「New Tag」をタップしましょう。

▼タグ新規登録画面。中央のグレー部分にタグ名を入力して、
タグに付ける色を下から選択します。そして「Save」でタグが作成されます。

▼「散歩」というタグをオレンジ色で登録してみました。

▼タグが登録されていますね。
小さくて見づらいですが、
上段が『Tags attached to this note』 で、今書いているメモに付いているタグ情報が
表示されます。
下段の『Tag Library』は登録されているタグ情報が表示されます。

▼同じような手順でタグを追加登録してみました。

▼タグは現在4個登録されていて、今書いているメモには「散歩」と「iPad」という
タグが関連付けされている状態です。
タグを付ける付けないは、タグの右にあるチェックを付けるか付けないかで変更出来ます。

▼タグが付け終わったら「ノート」アイコンにタグマークが付いています!

▼『環境設定』の「歯車」アイコンで、背景色や背景(ノート風、白背景等)、フォントサイズ等が
変更出来ます。

▼『環境設定』の「ゴミ箱」アイコンをタップすると、
画像取り忘れてしまいましたが、【Delete Note】と【Delete Section】 が
選択出来ます。前者は《今書いているメモを削除》、後者は《今書いているメモの一部を削除》
となります。

▼下図は「Delete Section」を選択した例です。
イマイチ『何を基準(どの行が消えるのかわからない)にDeleteボタンが表示されている』のかが
わかりません(^^;

▼多分、ブロック単位なんでしょうね。
下図の場合ですと、キーボード入力した範囲、写真、その次のキーボード入力した範囲。

また、 キーボード入力した文字の上に手書き入力した場合は「Delete」ボタンの左に
「赤いペン」ボタンも表示されます。手書き入力部分だけ削除したい場合はその「赤いペン」ボタン
をタップすれば手書き部分のみ削除され、「Delete」ボタンをタップすると、キーボード入力部分と
手書き部分両方が削除されます。

▼では、《メモ一覧》を表示します。左上の「タグ」アイコンをタップします。

▼登録したタグ情報が「しおり」のように表示されました!

▼見たいタグをタップすると、そのタグが関連付けされたメモが検索されます!

 

(相変わらず)簡単な説明ですが、わかって頂けましたでしょうか?

ボクは自分で説明を書きながら、『お〜〜やっぱりこのアプリいいな!』 って
思って書いていました(笑)

本日現在350円のアプリではありますが、
コンビニ弁当1個我慢したら買える値段ですから是非是非w

 

このページのTOPへ