Tweetlogixの説明

1.Tweetlogixの各種設定について

2.ツイート投稿画面/TLに画像を表示させた例/ツールバー/ちょっと便利な使い方

3.ツイート詳細画面/一気にタイムライン!/TL画面下部にあるバーの説明

4.「More」画面の説明

5.Tweetlogixの説明トップ

ツイート投稿画面

▼「@」のボタンを押下すると、フォローしているユーザーがずらずらっと表示されます。この時「H」とか入力すると「H」から始まるユーザーに位置付きます。いや〜便利ですね。

▼「#」ボタンを押下するとハッシュタグ(多分過去に閲覧したハッシュタグだと思う)が表示されます。

▼「More」ボタンを押下すると、これまた色んな事が出来ます。
■Camera→カメラを起動します。
■Albums→アルバムから写真を取り込みます。

■Geotag→ジオタグ(位置情報)を投稿時に付加します。

■Music→今聴いている曲(#nowplayingハッシュタグ)を付加します。iPhoneのiPodで音楽を聴いている場合は自動的に今聴いてる曲情報が付加されます。

■Contacts→フォロー/フォロワーのリストを表示します。

■Hashtags→ ハッシュタグのリスト(多分過去に閲覧or投稿したハッシュタグだと思う)

■Shrink URLs→ツイート内にURLを入力している場合、このアイコンをタップすると短縮URLに変換してくれます。
■Drafts→「下書き」 です。

TLに画像を表示させた例(SettingのInline Imagesが"ON"の場合)

▼TL画面。ツイートをタップすると・・・

▼ツイート詳細画面が表示されます。画像も大きく表示されます。

▼ピッチイン/アウトで画像の拡大縮小も出来ます。

▼でかいー!

▼右下のアイコンをタップすると・・・

■Save to Photo Album→フォトアルバムへ画像を保存します。
■Email Image Link→画像のURLを付加したメール作成画面を表示します。
■Tweet Link→画像のURLを付加したツイート投稿画面を表示します。

ツールバー (下記画像の赤枠)

(返信、DM)

▼Reply(返信)又はDM(ダイレクトメッセージ)を投稿出来ます。

▼Reply画面

▼DM画面

(Eメールツイート、翻訳等)

▼Email Tweet→ツイート内容をメールに貼り付けます。

▼Find Retweeters→閲覧しているツイートに対してリツイートしたユーザーを表示

▼Translate Tweet→ツイートを翻訳してくれます!英語以外を翻訳してくれるのかは・・・?

(リツイート、リツイーターの検索等)

▼Retweet
→リツイートされます。Settingの「Actions」にある「Confirm Retweet」を"ON"にしておかないと確認用ポップアップ表示なしで投稿されるので注意ですよ。
▼Comment and Retweet
→コメント付きでリツイートしたい場合。リツイート投稿画面に変わります。
▼Find Retweeters
→ 閲覧しているツイートに対してリツイートしたユーザーを表示

(お気に入り)
■ツイートを「お気に入り」 に保存されます。

(後で読む)
■ツイート内にURLが含まれている場合「後で読む」 にツイートを保存。

▼アプリ「Read It Later」を起動した。

▼こんな感じで保存されます。

(削除)

■自分が投稿したツイートを削除します。


■Find Retweeters→リツイートしたユーザーを表示
■Find Replies→返信したユーザーを表示


 

このページのトップへ