Tweetlogixの説明

1.Tweetlogixの各種設定について

2.ツイート投稿画面/TLに画像を表示させた例/ツールバー/ちょっと便利な使い方

3.ツイート詳細画面/一気にタイムライン!/TL画面下部にあるバーの説明

4.「More」画面の説明

5.Tweetlogixの説明トップ

「More」画面の説明

Lists

リスト機能の設定を行います。
リスト機能はボクは作ったことがないので間違ってたらごめんなさい。

たくさんのユーザーをフォローしていくと、たまに「フォローは外したくないけどTLにたくさんツイートが表示されて見づらいなぁ・・・」とかってありますよね。
たぶんそんな時に使うんだと思いますが、特定ユーザーのツイートのみ閲覧したい場合に使うのがリスト機能だと思います。たぶんたぶん(^^;

▼新規にリストを作ろう!「Edit」をタップ

▼左上の「+」をタップ

▼リストの詳細を入力。ちなみに「Name」は基本的に日本語は使わないルールなのかな。なんか知らないけどTweetlogixでは普通に使えるけど。
 ・Name→リストの名前
 ・Description→備考みたいなものかな?
 ・Privacy→Private(自分だけのもの)とPublic(他の人からも見られる&
  フォローも出来ちゃう(たぶん))設定があります。
 Public設定で『Friends』 なんてリストを作って、リストに登録されていない
 人がいたら「えー!私って友達じゃないのぉー!!」って思われる可能性が
 あるので注意してくださいよ!

▼上記で「Save」をタップするとリストが作成されます。

▼これだけではリストの「箱」が出来ただけですので、そのリストに
含めるユーザーを登録していきましょう。リストにはフォローしている人だけではなく、フォローしていない人も登録出来るみたいですね。
リストをタップ すると、下記のような空っぽの画面になります。
右上の「i」をタップ。

▼リストの設定情報が表示されます。

▼検索機能を使ってでもいいのですが、ここでは「Owner」をタップした場合で説明します。「Owner」をタップするとそのリストの管理者(自分で作ったリストなら自分)のプロフィール画面が表示されるので「フォロワー」等でユーザーリストを表示します。リストに登録したいユーザーをタップします。

▼ユーザーのプロフィール画面が表示されるので「Select List Memberships」をタップします。

▼どのリストに登録するかって事なので、リストをタップします。

▼リストに「チェック」が付きました。これでリストに追加されました。

▼ではまた「Lists」からリストをタップしてみましょう。

▼はい、リストに登録されたユーザーのツイートしか表示されません!

 

【リストを削除するには?】

▼「Lists」の画面右上の「Edit」をタップ

▼リストの左にある「-」をタップ

▼「Delete」をタップするとリストが削除されます

 

【リストからユーザーを外したい場合は?】

▼リストを選択すると下記の画面が表示されるので「Members」をタップ。(登録されているユーザーのプロフィールを表示してでも出来ますが)

▼リストに登録されているユーザーが表示されるので該当ユーザーをタップ

▼該当ユーザーのプロフィール画面が表示されるので「Select List Memberships」をタップ。

▼リストに登録されていたら「チェック」が付いているはず。リストから外したい場合は再度リストをタップ。

▼チェックが外れましたのでそのまま「Done」をタップするとリストから解除されます。

Trends

今どんなキーワードが人気なのかがわかるっぽいですね。

Favorites

自分が登録した「お気に入り」が表示されます。

My Profile

その名の通り、自分のプロフィール画面です。

▼「〜's Lists」は、リストを表示します。

▼「Lists Following〜」は、自分が他人のどのリストに登録されているのかがわかります。

▼「Favstar」は、他ユーザーに「お気に入り」登録された自分のツイートが表示されます。

▼「Retweets by Me」は、自分がリツイートしたものが表示されます。

▼「Retweets to Me」は、自分にリツイートしたものが表示されます。

▼「Retweets of Me」は、自分のツイートがリツイートされたものが表示されます。

 

【プロフィールを変更したい場合】

▼「Profile」画面右上の「Edit」をタップ。

▼修正して「Save」をタップするだけ。

Public Timeline

直近にツイートされたものが表示されるっぽいですね。

Filters

フィルター設定です。
「 ユーザーを非表示、ブロック」、「キーワードで非表示」等が可能のようです。

▼「Mute Users」をタップし、「Add User」をタップ

▼ユーザーのリストが表示されるので非表示/ブロックしたいユーザーをタップ

▼ユーザーのプロフィール画面が表示されます。

▼「Mute〜」をタップすると、該当ユーザーのツイートを非表示にすることが出来ます。※フォローを外すと気まずい時に使う機能?(^^;

▼Mute(非表示)となりました。再度表示に戻したい場合は下記画像の「Unmute〜」の部分をタップするだけです。

▼特定ユーザーをブロックしたい場合は「Block〜」をタップ。

 

【Muteを外す他の方法】

▼「Filters」にMute対象ユーザーが表示されるので、右上の「Edit」をタップ。

▼左の「-」をタップ

▼「Delete」をタップするとMuteから外れます。

 

▼「キーワード」でのツイート非表示。
「Enter any keywaord〜」の部分に見たくない言葉(単語等)を入力。多分なんだけどその言葉を含むツイートが非表示になるんじゃないかと・・・(^^;
■Case Sensitive→大文字と小文字を区別するか?
■Regular Expression→正規表現を使うか?

Drafts

「下書き」として登録されたものが表示されます。

TL画面下部バーのカスタマイズ

TL画面下部にあるバーはTimeline、Messages,Maentions・・・と初期設定はなっていますが、これを自分の好きなようにカスタマイズする事が出来ます。

▼「More」の画面右上の「Edit」をタップ。

▼例えば、MentionsとMessagesの位置を交換したければ、「@Mentions」のアイコンをバーのMessagesのアイコン部分へドラッグ&ドロップします。

▼はい、順番が変わりましたよね?ただそれだけと言えばそれだけです。

 

このページのトップへ