PictureShow (2011/08/27時点:170円)

かなーり色んな事が出来るカメラアプリ。
ただ自分的には機能が多すぎて使いにくい感もあったりします(ワガママ)

フォトライブラリから読み込んで写真を加工することも出来ますよ。

右下の部分でレンズを変えることが出来ます。
レンズは別途アドインで購入が必要ですが。。

シャッター(下段中央)の右のアイコンから設定画面を表示します。
タイマーがあったり、グリッド表示が出来たり、連写設定が出来たりと。

レンズアイコンをタップすると、最下部に使えるレンズが表示されます。

写真を撮ると「加工モード」になります。

「フレーム」(枠)。結構色んなフレームがあります。

「ライト」。色んなパターンの光を当てた風に出来ます。
これかなり格好いいっす。

「ノイズ」。これもいい感じ。

「ビネット」。周辺光量を変える。

「ティルトシフト」。人気のミニチュア模型のように加工できるやつですね。
今回使った写真がよくないのでよくわからないと思いますが・・・(^^;

「HDR」。通常より幅広いダイナミックレンジで表現させます。

「コントラスト」

「クロップ」。切り抜きですね。正方形に切り抜いたり出来ます。

テキストも入力出来ますよ。

ほらね。

各種Webサービスへの投稿も全然OK!

設定画面。

設定画面。

気に入った加工パターンは保存しておくことが出来るみたい。

画面中央上部をタップすると、様々なエフェクトがかかったリストが表示されるのでここをチェックして気に入った加工をするのがいいのかもしんない。

色々いじって出来た写真。

レンズを変えてみます。オレンジの4つ目のレンズは・・・

はい、こんな感じ!

エフェクトをかけるとおぉ〜ポップアート!アンディウォーホルも真っ青!(笑)

次は縦長4つ目レンズ。

こうなります。

これまたいい感じ!

次は緑の2つ目レンズ。これは何だろ・・・魚眼っぽいのか???よくわからない・・

まぁ、こんな感じ。

最後、これも魚眼?

4つ目+魚眼なのかなぁ・・・間違ってたらごめんちゃい。

、とまぁ、こんなアプリです!(詳しく説明出来なくてすいません・・・(^^;)

このページのトップへ