BACK

 


011

『トランス』
ジュリー・デルピー主演という事で、こりゃレンタルだー!と決めた1本。近未来が舞台で、J・デルピーは臓器移植会社の令嬢役。うぅ〜ん、、、内容はと言うとそんなに面白いものではありませんでしたねぇ〜

012 『バタフライ・キス』
殺人をいとも簡単にしてしまう女性「ユー」、そんなユーを愛してしまう女性「ミー」。二人のあてのない旅の中で繰り広げられる狂気と愛の映画という感じ。ラストはとてもよかった。しかし、「ミー」は元女性棋士の「林葉直子」そっくりだった・・・(笑)

013 『ヒューゴ・プール』
全編を通して、明るく楽しい雰囲気が漂うとても心地よい映画でした。プールのメンテナンス会社を営んでいる若い女性“ヒューゴ”と、別れた両親、そしてお客さんとの楽しく愉快な内容。ドキッ!とするのが無い、こういう映画も僕はまぁ好きですね。

014 『バンドワゴン』
こういうの大好きだー!!とにかくメジャーになりたい口数の多い『チャーリー』、人前で演奏するのが苦手で、いつも客席に背を向けて演奏する『トニー』、すぐモメ事を起こす短気な『エリック』、釣りが大好きな「ウィン」の4人バンド、そして、伝説の強腕マネージャーの『ライナス(だったかな・・?(^^;)』がワゴンに乗ってツアーに出かけるというタイトルそのままの内容なんだけど、メンバーの音楽に対する思いやなんかが昔バンドやっていた頃の自分にもダブってしまい、とても懐かしく、そして「がんばれー!」と応援したくなる気分にもなりましたね〜!!すごい面白かったです!

015 『ブラックアウト』
いやぁ〜こりゃ嫌いだなぁ〜(^^;マシュー・モディーン、ベアトリス・ダル、デニス・ホッパーなんてキャスティングだから絶対に面白い!と思って観たんだけど、最初から最後まで面白く無かった。元有名な俳優(M・モディーン)がアルコールとドラッグに溺れたり、復活したり、そしてまた溺れる・・・・なんて面白くないんだ。真剣にも観ていなかったからもう一度観たら・・・いやダメだなこりゃ。(^^;

016 『今を生きる』
有名進学校の先生(ロビン・ウイリアムス)と、その生徒との間に芽生える信頼感や人生観みたいのに超感動しましたー!!結構この映画を絶賛している方が多かったのもわかりました。あんな先生がいたら本当にいいよなぁ〜って。『親』と言えども、子供の夢、自由は完全に奪う事は出来ないと僕も思うなぁ・・・ いやぁ本当にいい『映画』を観させて貰いました!って感じ。
あ、それと、若かりしイーサン・ホークが見られましたねぇ〜

017 『ブラス』
ボロボロ泣いちゃったよぉ〜σ(TεT;)
閉山を押し迫られた炭坑の町で活動しているバンドが演奏会の優勝に向けて、様々な苦難の中を乗り越えていく・・・っちゅう内容なんだけど、指揮者のダニーが「ユージュアル・サスペクツ」の“コバヤシ”だった。(^^; これがまたいい味出しているんだよな〜。それにユアン・マクレガー、主役!!って訳でもないんだけど、やっぱりこの人がいるだけで何か映画が華やかになるって感じがしましたねぇ。とにかく感動したっす!!

018 『トゥリーズ・ラウンジ』
うひゃひゃひゃひゃ〜♪やっぱブシェーミだよなー!!!!酒に溺れる、昔の恋人の所にストーカーのような怪しい行動、変なダンス・・・etc これはブシェーミぴったりだった!いや、ブシェーミにしか出来ないな〜(^^; 職を失い、毎日バー「トゥリーズ・ラウンジ」に入り浸っている不器用な男「トミー」をブシェーミが演じています。映画自体は別に特記するほど面白い!とは思わなかったんだけど、ブシェーミ監督&脚本&出演!これだけで充分でした!!!(笑)

019 『ブレイン・デッド』
“くまえの部屋”の「くまえさん」ご推薦ホラー映画。ギャハハ〜何じゃこの映画はー!!!!笑わずにはいられないよ〜 これは最高の「スプラッタコメディ」だね!僕はゾンビ大好きなんで、パーティー会場の客が全員ゾンビになって、主役の息子と彼女らと、ゾンビの“大ミンチ大会”はすごかったな〜
しっかし、ゾンビを家で一緒に生活しようとする主役の息子、おまえは変だぞー!!(笑)

020 『スターシップ・トゥルーパーズ』
あ、感想書くの忘れていた・・・(^^;
これは面白かった!SFは好きなんだけど、この映画は「面白くないのかな・・・」って思っていたんだけど、観るととっても面白かったっす!! エイリアン「バグ」と人間たちとの戦いの映画です。宇宙で戦う為の戦士養成所の教官と、高校時代の先生がとっても良かったなぁ〜