BACK

 


031

『恋愛小説家』
この映画、メジャー過ぎてちょっと観るのを躊躇していたんだけど、やっぱ良かったわ〜(^^; 所々のシーンに細かいユーモアがちりばめられていたり、恋愛小説家なのに、恋愛下手という設定の内容はとても観る人を飽きさせないって感じ。J・ニコルソンも好きだけど、ヘレン・ハントがうぅぅぅ〜綺麗だー!!また好きな女優さんが増えた僕。(笑) あと、売れないゲイ画家フランクの愛犬「バーデル」(?)もーーーーーーーーーーーたまらないほど可愛いかった!あれ欲しいー!!!!(爆)

032 『オースティン・パワーズ』
行こう行こうと思い、ついに劇場で観られなかったんだけど、やっぱ僕はこういうおバカ映画好きですわ♪脚本も主演のマイク・マイヤーズがやったらしいが、あんなにおバカで下ネタ連発の脚本を書く、さすがコメディアンっすな〜 敵のドクター・イーブルの仕草(小指を口にあてるやつね)、鮫がいなくて、変わりに"気の短いスズキ"、秘密基地に進入し、脱出する時に乗っていた電気自動車みたいやつでの切り返し運転のシーン、爆笑してしまった。本当くだらなくて面白かったなぁ〜!

033 『リーサル・ウェポン4』
僕がおかしいのかなぁ〜面白くなかったなぁ〜...「1」も観ないで、いきなり「4」を観たのが悪いのかなぁ〜(^^ゞ 基本的にハリウッド系映画に中国人が出ている映画って余り好きじゃないんですよぉ〜<偏見ですねぇ。m(_ _)m 破壊&爆発シーンが長くて観てて飽きてきたなぁ。やっぱりメル・ギブソンは古くは「マッド・マックス」、最近(でもないけど)では「マーヴェリック」が良かったっす。

034 『水の中のナイフ』  
巨匠ロマン・ポランスキーの作品。僕ってあんまりモノクロ作品って好きじゃないんだけど、この映画はまぁまぁ良かったかな。登場人物はお金持ち夫婦とヒッチハイカーの若者の3人しか出なく、全編がヨットの上での内容。その中で、時折笑える所があったり(口笛はヨットマンのしきたりでダメなんだ!と若者に注意した、ヨットの持ち主アンジェイが自分で吹き出し「しまった〜!」って顔したりするとこ(笑))して微笑ましかったよぉ。若者が海の上をヨットに掴まりながら走るマネをしていたんだけど・・・・・僕もやりたい!!(^^)

035 『モ・ベター・ブルース』
この映画大好きなんですよ。自信家のトランペッター(デンゼル・ワシントン君)が、自ら率いている人気バンドの成功、そして挫折、二股をかけている恋人との別れ・・・そして・・・・あぁー言いたいよー!!!(笑) ラスト直前ではちょっぴり悲しい、寂しいシーンがあって、これが泣けるのだ・・・(T^T) スパイク・リーの映画は「すごく好きー!!」ってほどでもないんだけど、この映画は特別。デンゼル君の彼女役はリーの実妹らしい。(相棒談) 兄さんに似て、『背が小さい』。(爆)

036 『リアリティ・バイツ』
やっぱ、この手の映画好きですねぇ〜♪ 音楽がいい映画って観ていて心地よいしね。ガソリンスタンドの中のショップで、ラジオから流れ出る『マイ・シャローナ(ナック)』にノリノリのウイノナちゃん♪うぅぅぅぅ可愛いぃぃぃぃ〜!!!!!!!!! しっかしイーサン・ホークも格好いいよね〜!某ディ○プ○オ(バレバレ)は全然格好いいと思わないのだが・・・・(単なる嫉妬?(爆))

037 『アベンジャーズ』
何だか期待外れだったなぁ....ショーン・コネ夫&ユマ・サーマンで、何だか面白そう!と思ったんだけど、あれは近未来の話なのかなぁ??でもその割に建物や格好が英国貴族調だし・・・CGも何だか中途半端にあったような気もするし。ユマの相棒役もパッとしない男性だし・・・・ しかーーーーし!ユマ・サーマンの魅力にはビリビリビリしびれちゃいまひたぁ〜♪(笑)

038 『グロリア』  
僕の好きな映画10本の中に入るこの映画。久々に観ました。ジーナ・ローランズが格好いいのだー!!!ギャングに家族を惨殺され、グロリア(ジーナ)と、一人預けられた少年の逃亡の日々を描いているのだけど、ギャング相手にグロリアは強い事強い事・・・・(笑) 車で追いかけて来たギャングに向かって発砲した後の「タクシー」と叫ぶグロリア、そしてそこでかかるBGM最高に格好いいシーンである!

039 『アニー・ホール』   
ようやく観ました。ウッディ・アレンの映画は結構観たんだけど、何故かこれは観ていなかった・・・名作なのにネ(^^ゞ で、感想から言うと、「さすがウッディ!」といわざるを得ない、独特の世界を持っていますねぇ〜 ダイアン・キートンとの演技は私生活から来る仲良しこよしさんですね♪ 映画を観ていて、「ウッディー・アレンが女の人にモテるのがわかるなぁ〜」と一人頷いていました。(^^; マックス(ウッディー)とアニー(ダイアン)が初めて会った際に、アニーのいえのバルコニーで会話しながら、互いの頭の中で考えている事もスクリーンに映し出されるシーンはとっても滑稽で面白かった!!

040 『ウェディング・シンガー』  
久しぶりに劇場で観てきました。満席で立ち見&ラブラブカップルだらけ。(笑)
しかーし、映画は満点!!満点満点満点!!! 映画が始まり、いきなり「デッド・オア・アライブ」の"You Spin Me Round"!! うわぁーなつかしいぞー!!!僕の心も80年代にトリップ!! そして数分後、映画の全貌は大体想像出来ました。(笑) でもね、いいのだー「楽しいハッピー」な映画には変な仕掛けはいらないのだ!いいの、いいのだ〜♪ とにかく音楽が僕にとっては最高に良かったよ〜 ニュー・オーダー、デビッド・ボウイ、ビリー・アイドル、スミス、キュアー、マドンナ、フロック・オブ・シーガルズ....etc!!  ヒロイン役のドリュー・バリモアがまた可愛いんだよなぁ〜♪ 僕が一番印象に残っているのは"世界中でアイ・ラヴ・ユー"かなぁ〜 いやぁ〜可愛い!!(^^ゞ ウェディング・シンガー役のるアダム・サンドラーがまた素朴でいいんです。優しく包み込む愛っていうのかなぁ〜すごい良かった!ラストシーンでアダムが歌う「グロウ・オールド・ウィズ・ユー」、ここで僕の目がウルウルしていたのは言うまでもない。(T^T)  最後に一言、ちょい役で出演していたS・ブシェーミ!他の俳優だと本当に記憶に残らないかも知れないんだけど、ブシェーミは最高!ずっと残るっすよ〜♪ やっぱり、酔っぱらい、危ない男をやらせたら世界一かも・・・・・(笑) あ、あと本物のビリー・アイドルも出演していた!いやぁ〜年とったなぁ〜(爆)