BACK

 


041

『デッドマン・ウォーキング』
ショーン・ペンの頭の形が逆三角形(▼)だなぁ〜と思いながらずっと観ていました。(笑) 冗談はさておき、殺人事件を起こした死刑囚マシュー(ショーン・ペン)と、彼のカウンセラーとなり終始側にいて、彼の支えになるシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)。映画の後半になるにつれ、マシューの顔の表情が柔らかくなっていく描写、そして死刑執行直前の彼の家族との最後の情景、シスターへの最後の言葉とも言える「愛をありがとう!」には大感動しました。とにかく演技、映画の雰囲気がとっても良かった〜(^o^)/

042 『リチャードを探して』
アル・パチーノの監督作品。シェイクスピアの「リチャード三世」を映画を作る過程のドキュメンタリーと共に本編も進んでいくという、ちょっと変わった映画。だけど、シェイクスピアを人々は理解するのが難しいかも・・・と考えているらしいアル・パチーノが考えた思考なんだろうなぁ〜ドキュメンタリーの部分があったからこそ、本編も興味を持って観られたような気がしますね〜でも、でもでもでもでも余り面白くなかったかなぁ・・・(^^ゞ アル・パチーノはやっぱり格好良かったけどネ! ただ、ケビン・スペイシーと、"僕"のウイノナちゃんが出ていたのは嬉しかった。(笑)

043 『CUBE』
うー面白かったぞー!映画開始数分後には、既にCUBEワールドに入り込んでしまったっす。内容はというと、罠が散りばめられたCUBE(立方体)の部屋に、6人の男女が閉じこめられ、そこから脱出を試みる・・・と言ったものであるが、人間の愚かさ、醜さなんかが表現されていたりして、この監督は、CUBEの世界を、現代の世界に置き換えているのかなぁ・・・とか思ったりもしました。しかし、これが初監督作品だなんて!恐るべき監督! うぅぅ〜大満足!!

044 『TAXI』
本日観た1本目「CUBE」とうってかわって、面白くなかったなぁ〜(^^ゞ リュック・ベッソンが監督と思っていたんだけど、脚本、制作だったのね〜 でもでも余り好きじゃないなぁ・・・・ やっぱ、ベッソンならニキータやサブウェイの方がいいねぇ〜♪ 何だか、ラスト近くで、犯人をワナにかける時に仲間に協力してもらい「赤信号」に変えたりするけど、あの意味がメッチャ重要だっていう風にも思えないのに、何だか話しの中では一生懸命やっているし・・・(^^; それに何と言っても、オープニングの音楽がいきなり、タランティーノでも使われていた「デンデレデンデンデンデン♪」の曲だもんな〜ありゃガクッと来るよぉ。(笑)

045 『恋するシャンソン』
ふぁ〜〜〜よく寝たよく寝た〜♪(^^ゞ 三軒茶屋の映画館で観たんだけど、途中で何故か意識が遠のいて・・・・・(笑) 僕にはちょっと合わない作品でした。この手の映画は相棒の好きな映画っぽかったんだけど、観ている途中横を向いたら・・・・・・相棒も寝てた。(爆)

046 『天使が観た夢』
タイトル合ってるかなぁ?(^◇^;)  これは結構面白かった。人の生き方や考え方って本当に違うんだよなぁ・・・って考えさせられましたねぇ。「恋するシャンソン」との2本立て。

047 『トゥルーマンショー』
イェーイ!!!!!ひっさしぶりに映画観たぞー!!やっぱいいね〜映画はね〜♪ で、本作品は僕の好きなJ・キャリーの映画なんだけど、まぁ〜まぁ〜だったね。J・キャリーは思いっきりコメディーコメディーしている方が好きっす。でも、本当に生まれた時から他人に人生の全てを見られていたら・・・・と思うとゾッとするよねぇ。 トイレも見られてたのかなぁ・・・・・・・(笑)

048 『ラ・ミゼラブル』
有名ですが、僕はさっぱり内容は知らなかった。(^^ゞ 目的はユマ・サーマンだっただけ。(笑) でもでも、内容はとっても面白かったなぁ〜『映画を観た!』って感じ。"シャイン"の主演俳優ジェフリー・ラッシュが、この作品では憎まれ刑事役で出てました。確かに憎たらしかった!(笑) しかしラストではいい人に・・・・おろろん。  …99. 9. 1

049
050
『キングダム第1章』、『キングダム第2章』
前編・後編の2本組。監督は『奇跡の海』の人(名前しらない)。あの映画も変わった映画だったけど、それ以前に撮られたこの作品はやっぱりすごく変わっていた。まず映像の『色』が良い!キャスティングが良い!(有名な人はいないんだろうけど、皆役柄にピッタリ)。ある病院で起こる様々な出来事が同時進行で進んでいくのがとても面白かった。次は『キングダム2』を観なくっちゃ♪…99. 9. 1