HOME > OTHER > iPodder

 

《新規登録(アドレス情報)》 の手順 《新規登録(メモ情報)》 の手順 《データのメンテナンス》
《CSV(TXT)→VCardへの変換》 の手順 環境設定・その他》 《iPodderマニュアルTOPに戻る》

■CSV→VCardへの変換

■VCardフィールドで作成されたCSVファイルを元にVCardデータを一括作成する機能です。

■同ソフトで変換対象となるVCardフィールドは下記の通りとなります。
  ※基本的に「iPodで使用可能なVCardフィールド」

fn -名前(ソートに使用)
adr - 連絡先の住所
tel - 連絡先の電話番号
email - 連絡先の電子メールアドレス
title - 連絡先の肩書き
org - 連絡先の会社名
url - 連絡先の Web アドレス
note - 連絡先についてのメモ

▼CSVファイルは下記のように作成して下さい。






■1行目に「VCardフィールド名」を指定して下さい。(上記Aセル〜Nセルの最大14個です)

「FN(名前)」フィールドは必ず設定してください。

■2行目以降にデータを入力して下さい。

・「VCardフィールド名」作成方法

FLG データの内容が「メモ」であれば、"1"を設定して下さい。※全データが「アドレス」情報であれば、同フィールド(FLG)は不要です
FN 名前
EMAIL メールアドレス
NOTE メモ ※「アドレス情報」の時のみ
URL ホームページアドレス
POST-H 郵便番号(自宅)
ADR-H 住所(自宅)
TEL-H 電話番号(自宅)
TEL-C 電話番号(携帯)
TEL-W 電話番号(会社)
ORG 会社名+部署名を、「会社名;部署名」で入力
「;」 は半角セミコロンです。
TITLE 役職名 ※「メモ情報」の時、このフィールドが「メモ」となります
POST-W 郵便番号(会社)
ADR-W 住所(会社)

・全フィールド(メモフィールドも)、《改行》を入れて入力する事は出来ません。
 いつか対応します。(^^ゞ

■手順

1.ツールバーよりアイコンをクリックします。(メニューバーからも選択可)

2.CSVファイルが保存されているフォルダを選択します。

3.処理可能なCSVファイルが存在していると下記のような画面が表示されますので
  変換するCSVファイルを選択(クリック)します。

4.変換可能なデータが下記のように表示されますので、
  変換するデータに「チェック」をし、「CSV→VCard変換実行ボタン」を押下すると、
  フォルダ選択画面が表示されますので保存フォルダを選択する事により変換&保存を行います。

 

■テキストファイル→VCardへの変換

■テキストファイルをVCardデータへ一括作成する機能です。

1.ツールバーよりアイコンをクリックします。(メニューバーからも選択可)

2.テキストファイルが保存されているフォルダを選択します。

3.テキストファイルの一覧が表示されます。
  ※「名前」は【ファイル名(拡張子無し)】となっています。

※VCardファイルに変換するファイルに対して「チェック」を付け、『TXT→VCard変換実行』ボタンを
押下して下さい。

4.VCardファイルとして保存するフォルダを選択して下さい。

5.処理が終了したら下記のメッセージボックスが表示されます。

6.上記5で「OK」をクリックすると、保存したフォルダ情報を再表示します。
  この段階では「VCardファイル」として表示されています。

  尚、変換の際、「タイトル」は「ファイル名(拡張子無し)」を設定しております。
  「メモ」の部分は、テキストファイルの全内容となっています。

  又、テキストファイルの文字数が分割文字数を超えている場合は、
  指定文字数でファイルを自動分割し作成しています。