HOME > OTHER > Session Drummer2を使ってみる

Session Drummer2を使ってみる

  • 新規プロジェクト
    今回はテンプレートを「Blank」(トラックが空っぽ)にしてみましょう。


  • トラック表示部で右クリック→「MIDIトラックの挿入」

    ↓MIDIトラックが挿入されました


  • 「メニューバー」→「プラグインシンセ」→「Session Drummer 2」を選択


    ダイアログが表示されますので"とりあえず"そのままOK。


  • Session Drummer 2が表示されました


  • ドラムキットを選ぶ
    • 「PROG」の横の《new Program》って表示されているあたりをクリックすると
      【Program Browser】が表示されるので、適当にドラムキットを選択してみましょう。

    • ドラムキットが読み込まれました。
      では鳴らしてみましょう!
      ◎1つのドラムキットにはA〜Hの8種類のドラムパターンが登録されています。
      ◎「∞」マークを押して再生をすると、ループ再生してくれます。


  • ドラムパターンを変更してみる
    ドラムパターンはA〜Hの8種類のドラムパターンと書きましたが、
    「MIDI」の横にある「Fill 04 (1 bar).mid」のあたりをクリックすると、ダイアログが表示されます。
    そこで《Patterns》フォルダの中に色々なパターンファイルが登録されていますので
    好きなパターンが見つかるまで聞き比べてみるのもいいかもしれないですね。

    再生してみたらドラムパターンが変わってるでしょ!

  • テンポを変えてみる
    再生しても「あれ?何か遅い(速い)なぁ・・・・」って思ったらテンポを変えればいいんです。
    この場合は「Session Drummer 2」のウィンドウで変更するのではなく、SONAR本体側の
    ツールバーにある↓の赤枠の数値で変更します。
    数値はテンポを表しています。
    テンポ=BPM( Beat Per Minuteの略)。 1分間に何回ビートを刻むかということの単位。

    テンポを変更してEnterキーを押すとテンポが変更されますが、
    その時Session Drummer2を再生していたとしたら多分変更した瞬間に一時停止していると
    思いますが、また再生すればいいだけ。

  • ドラムパターンが決まった!さぁトラックに貼り付けよう!
    自分好みのパターンが決まったらトラックに貼り付けましょう。
    「MIDI」の右横のほうにある「♪」をクリックし、貼り付けたいMIDIトラックにドラッグ&ドロップ
    するだけで貼り付けられます。

    【貼り付ける場所】
    ◎ 最初(1小節目1拍目)なら、「トラック表示部」又は「クリップ表示部」の最初にドロップ。
    ◎3小節目なら、そのトラックの「クリップ表示部」 の《3小節目》にドロップ。

  • トラックに貼り付いたから聴いてみよう!!
    トラックに貼り付いたから(黄枠の部分)、再生ボタンを押して再生しよう!
    あれ・・・・? 音が出ない!!!

    これはトラックの《出力先(O)》が「1-EDIROL UA-101」(これは管理人の環境の場合ですが)に
    なっているからです。UA-101とは『オーディオインターフェース』です。
    このトラックは【MIDIトラック】です。

    MIDIとは電子楽器間での信号のやり取りを定めた規格です。

    MIDIデータを再生(鳴らす)には、シーケンサーと呼ばれるソフトや装置が必要となります。
    『オーディオインターフェース』とはパソ コンとの音の入出力を扱うものであって、
    MIDIデータを再生するものではありません。なので音が鳴らないという訳です。

    それではトラックの《出力先(O)》の▼の部分をクリックしましょう。
    「2-SessionDrummer2 1」という項目を選択します。

    再生してみると・・・・・音が出てる!!!

  • あっと言う間にドラムが終わっちゃうよ・・・・
    トラックに貼り付くのは「1小節分」です。
    こんな短い曲なんて無いですよね。
    ここで貼り付いているのは【グルーブクリップ】と言って、
    同じパターンでループ(繰り返す)事が出来るクリップ》です。
    グルーブクリップはクリップの四つ角が丸まっています。

    では5小節ループさせてみましょう。
    クリップの右端にマウスカーソルを合わせると、マウスカーソルが下の画像のようになります。

    その状態で5小節目までドラッグして下さい。

    5小節目まで繰り返されました!再生してみると確かに4小節分再生されるのがわかるはずです。


  • よし、次は6小節目からは違うドラムパターンを使おう!
    • 「MIDIトラック」を追加しましょう。
      「トラック表示部」の空いている部分(黄枠部分)で右クリック→「MIDIトラックの挿入」

    • トラックが一番下に追加されました(Track 4)
      だけど・・・「Track 1」の下にあった方が見やすいっすよね!
      そういう時は、トラック4のトラックNo("4"って表示されている部分)の右にあるアイコン
      にマウスカーソルを合わせて、ドラッグして移動させたいところでドロップすれば
      トラックの移動》が出来ます。

    • それではSession Drummer 2のウインドウを開きましょう。
      「シンセラック」の赤枠あたりをダブルクリックするとSession Drumeer 2のウインドウが
      表示されます。
      ※「シンセラック」が見あたらない場合は「メニューバー」→「表示」→「シンセラック」、
      又は「Altキー+8」でシンセラックが表示されます。

    • Session Drummer 2で前述したように好きなパターンを選んで
      今度はトラック2(トラック4をトラック1の下に移動したのでトラックNoも変更されてます)の
      5小節目に貼り付けてみましょう。

    • 貼り付けたクリップを2小節分に増やしてみましょう(前述した通りです)
      トラックの《出力先(O)》もSession Drummer 2に変更しないと音鳴らないからお忘れなく!

 

【Session Drummer2】の簡単な使い方(っていうかこれ以上説明出来ない自分(^^;)を終了します。

このページのTOPへ