HOME > OTHER > とりあえずSONARをいじってみる(3ページ目)


とりあえずSONARをいじってみる  (3ページ目)
  • 音符を入力するのに、ここではピアノロールを使ってみます。
    ・「ツールバー」にある「ピアノロールビュー」 又は、
    「メニューバー」→「表示」→「ピアノロール」又は、ショートカットキーの「Alt+5」
     

  • それではまずは「トラック2」のドラムパートを打ち込みましょう。
    ※トラック表示部のトラック2の部分を選択しておいてから、ピアノロールを表示してね

    上記のピアノロールで入力したのは、
    1.ハイハット
    2.スネア
    3.キック
    で、1小節分打ち込んでみました。

    打ち込んだ「横棒」の事を【ノート】と言います。
    また、【ノート】の長さを【デュレーション】と言うらしいんですが要は「音符の長さ」です。
    4分音符とか8分音符とか。

    ピアノロールの1小節は、縦に4つに区切られてますよね?
    四分音符を1拍として1小節に4拍入るので4分の4拍子という事。(た・た・たぶん・・・)

    上記で打ち込んだデュレーションはハイハットもスネアもキックも「1拍の半分の長さ」です。
    1拍は《四分音符》で、その半分なので《八分音符》という事になります。

    八分音符の長さでノートを打ち込むにはどうするか?
    ツールバー(緑枠)に音符マークのアイコンがありますよね?
    そこの「♪」 が八分音符です!その左が四分音符。右は16分音符。

    ですので、まずは「♪」の八分音符を選択してから打ち込みをスタートしましょう。

    ノートを入力するには、ツールバーの左から2番目のピアノロール入力ツールを使いましょう。
    このツールはノートを1個(1音)ずつしか入力する事が出来ません。

    よって、ハイハット(上記ピアノロールの画像の1)のようにズラズラっとノートを並べる場合は
    左から4番目のパターンブラシツールを選択しましょう。このツールを使うとドラッグしていけば
    ノートが連続して入力されていきます。

    ノートを消したい場合は、ツールバーの左から3番目のピアノロール消去ツールを使います。
    消去したいノートをクリック又はドラッグするとノートが消えます。

    ピアノロールのちょっとだけ詳しい使い方はまた別途説明したいと思います。

  • 「トラック2」のドラムパートがどんな風になったか聴いてみよう!


    音を聴くだけなら「水色枠」の再生ボタンを押下するだけで聴く事が出来ます。

    が、「1回聴いただけじゃよくわかんないよ・・・」って言う場合は、ループさせちゃえばいいんです。

    ▼ループの設定方法
    1.「赤枠」の部分で聴きたい場所の最初から最後までマウスでドラッグ。
      ※選択範囲が黒く塗りつぶされたようになっていればOK。
    2.トランスポートウインドウ(表示されていなかったら「メニューバー」→「表示」→
      「ツールバー」→「トランスポート(大)」にチェック)にある【選択範囲をループ区間に設定】
      (黄枠の部分)をクリック。
    3.すると上記黄枠の上の【ループオン・オフ】アイコンが自動で点灯します。
      ※ループオン・オフアイコンが点灯していなければ、いくら選択範囲をループ区間として
      設定していたとしてもループされないので注意。

    ループを設定した状態で再生したらループしてますよね!

  • では次。「トラック1」のオルガンパートを打ち込みましょう。

    ・トラック表示部のトラック1の部分を選択しておいてから、ピアノロールを表示。


    まぁドラムパートと同じように「赤枠」にノートを打っていけばいいんですが、
    どこでどんなドラムの音があったっけ?ってよくわからなくなっちゃう事があります。

    そんな時は、「ツールバー」にある【トラック選択】(↑↓アイコン)をクリックすると、
    「トラック選択」ウインドウが表示されるので、表示させておきたいトラックを選択しOK。
    すると下の黄枠のようにトラック2で打ち込んだノートが表示されます。


    ただ・・・この状態ではどのトラックを入力しているのかわかりませんよね?
    タイトルバーを見ると「ピアノロール - マルチトラック」ってなってますよね。
    で、どのトラックが対象となっているかは【トラック選択】(↑↓アイコン)の右となりにある
    【トラック表示部の表示・非表示】アイコンをクリックして点灯させて下さい。

    すると、ピアノロールの右側にトラック情報が表示されます。
    ノートを入力したいトラックを選択してから、ノートを入力すれば選択したトラックへの
    ノート入力となります。

    でも・・・・違うトラックの同じノート位置にノートを入力したい場合ってどうやるんだろ・・・
    まだそこは勉強していません。(;^ω^A


    で、トラック1(緑色のノート)のオルガンの音も適当に入力してみました!

    ここで再生してみましょう。

    ドラムとオルガンが同時に鳴ってますよね!


って事で、これで「とりあえずSONARをさわってみる」は疲れたんで終わりにします(笑)

 

←とりあえずSONARをいじってみる (2ページ目)    とりあえずSONARをいじってみる (1ページ目)→



このページのTOPへ